社食.com

あの海○雄山も唸るかもしれない、いまどきの社員食堂。

社員食堂訪問記

社食File.54 株式会社早和果樹園

年間平均気温16.5°C、年間降水量約1,700ミリ、冬も暖かくみかん栽培に適した気候の和歌山県有田市。和歌山県は国内の生産量の二十数%を占めるみかん生産No1県でありますが、その和歌山県で半分近く生産されているのが有田みかんです。

早和果樹園はその有田みかんの産地において、1979年に7戸のみかん農家で創業。2000年に法人化、2005年に株式会社化しています。みかんの露地栽培から、ジュースやジャムなどの加工、販売と1次産業から2次産業、3次産業のすべてに関わる6次産業化に取り組んでおり、県内外からも注目を集める会社です。

今でも年に一度は新商品を出すというみかん農業のリーディングカンパニーを目指す同社では2017年6月より社内に食堂を設置。決して大きい規模ではありませんが、社員食堂の持つ可能性を感じることができる食堂です。

それではご案内いたしましょう。

画像をクリックすると拡大します↓

若い社員の健康のために始めた社員食堂

早和果樹園は2017年6月から社員食堂を始めています。その理由を秋竹社長に伺うと、「業績拡大に伴い、新卒の大学生が入社するようになってきて、4割が20歳代で独身の社員が増えたのです。ある時、地元外から入社し一人暮らしをしている社員の昼食をみたら、コンビニ弁当で済ませていたんですね。一人暮らしのため朝も夜も同じようなものでしょう」

会社として何か対策をしなくては!と考える中で、「お昼だけでも栄養のあるおいしいものをたっぷり食べさせてあげよう」と考えたとのこと。

問題は「誰が作るのか?」ということで、候補に挙がったのが高齢の創業メンバー。しかし「おばあちゃんたちのご飯は食べたくないやろ」と作り手側が二の足を踏んでいたのです。そこで若い社員に聞いてみると、若い社員が「食べたい」という反応だったと言います。

そこで、現会長が「社食をやろう」と決断しました。若い社員のための社員食堂でありながら、早和果樹園の創業メンバーを社員とした別会社「早和なでしこ」を設立し、高齢となった社員の新たな働き場所とする仕組みとしています。

社員食堂のコンセプトは「若い子にしっかり栄養のあるものを腹一杯食べさせたい」といい、値段は1食300円と格安。費用だけ考えると赤字ですが、普段会わない社員との接触機会が増え、コミュニケーションがより良くなったことから「メリットの方が大きい」(秋竹社長)と言います。

社員食堂は単に食事を提供する場というだけでなく、コミュニケーションや社員の健康力向上、地元食材の使用による地域貢献といったメリットもありますが、早和果樹園さんはさらに自社内で高齢者雇用の場を生み出すという点が斬新です。

今後ますます美味しいみかんが生産されそうですね。

 

  • 社食File.53 宇治市役所
  • 社食File.55 山崎製パン株式会社 京都工場