社食.com

あの海○雄山も唸るかもしれない、いまどきの社員食堂。

社員食堂訪問記

社食File.37 株式会社資生堂

今回ご紹介するのは、創業1872年(設立は1927年)、グループ企業98社、連結売り上げ7,777億円という国内化粧品シェアNo1メーカー(世界5位)の株式会社資生堂です。東京・汐留シオサイトエリアにそびえ立つ汐留タワーに本社事務所(汐留オフィス)があり(銀座七丁目は本店)、従業員数は33,000名。世界88の国と地域で展開され、売り上げの53%が日本以外の国々というグローバル企業です。
そんな日本の美のリーディングカンパニー、資生堂さんの社員食堂では一体どんな料理が振舞われているのでしょうか?
それでは気になる資生堂さんの社員食堂を一緒に訪問しましょう!

画像をクリックすると拡大します↓

「一瞬も 一生も 美しく」。

これは「美しく生きたい」という世界中の人々の願いに応えるために、さまざまな商品やサービスを提供し続けている資生堂のコーポレートメッセージです。

そんな資生堂さんの社員食堂では、もちろん「美」を意識したメニューづくりに力を入れており、そのシンボル的存在が、2013年6月から開始された「健美食(けんびしょく)」メニューです。

これは「美味しく食べて、美しく、健康になる」をコンセプトに、「カロリー500キロ台、良質たんぱく質、脂質20%前後、食塩相当量3.5g以下、野菜量280g以上」を目安にとされる内容となっており、日々食堂で提供されています。

メニュー内容は「資生堂パーラー」の調理長に味見をしてもらい、味についての提案も行なわれるなど、たんにカロリー制限をした料理というものではなく、見た目や味にもこだわりのある料理となっています。そしてその内容は一冊の書籍となり販売されています。

社員が常に「美しくある」ということを意識し、社会へ「美」を提供していく、そんな企業のメッセージの実践の場としても役立てられている資生堂さんの社員食堂でした。

 

  • 社食File.36 シービーアールイー株式会社
  • 社食File.01(再) ソニー株式会社