社食.com

あの海○雄山も唸るかもしれない、いまどきの社員食堂。

社員食堂訪問記

社食File.21(再) ヤフー株式会社

1994年、スタンフォード大学の博士課程で学んでいたデビッド・ファイロ(David Filo)とジェリー・ヤン(Jerry Yang)によって始められたYahoo!。95年3月、Yahoo! Inc.が設立され、同社は本格的にYahoo!サービスをスタートしました。
その翌年である96年1月、Yahoo! Inc.は日本のソフトバンク株式会社と共同でヤフー株式会社を設立。同年4月1日に日本語によるサービスYahoo! JAPANがスタートしました。
2016年10月の東京ガーデンテラス紀尾井町への本社完全移転を機に、「オフィスがイノベーションを生み出す場所」となるよう机を不規則に配置したフリーアドレス制や、社外の人も利用できるコワーキングスペース「LODGE(ロッジ)」を設置。さらに社員食堂も自社オフィス内に設置し、栄養バランス・低カロリーなど健康をサポートするメニュー作りに注力されています

それでは「イノベーションを生み出す社員食堂」へ一緒に足を運んでみましょう!

画像をクリックすると拡大します↓

17階の”BASE17”と”CAMP17”は一般の人も利用できる!

ヤフーさんではレストランを”BASE”、カフェを”CAMP”と名付けています。これは、会社として高い目標を実現させるため、山の麓にあるベースキャンプを模して「食事だけでなく、さまざまな情報が集まり、コミュニケーションがうまれる場所」と位置付けられているためです。

社員食堂、カフェがあるのは11階と17階の2フロア。11階は基本的に社員専用ですが、17階は一般の人も利用できるようになっています。

新オフィスの社員食堂では昼だけでなく、朝(7:30〜9:15)、晩(17:30〜20:00)も食事を提供しています。特に朝はBASE11において社員を対象に無料で朝食を提供(2017年6月時点)しており、一日約350食の利用があるそうです。

 

ヤフーの社員食堂は仕掛け山盛り!

また「栄養バランスの整ったメニュー」、「低カロリーメニュー」などを通じて従業員の健康を支援していることはもちろん、「手作りソース」「生態系に影響が少ない食材の選択」や「ヤフーの拠点がある地域貢献につながる食材選び」、チャレンジ(CHALLENGE)精神を忘れないようにする”C”メニューの導入、さらに社食業界で話題のJラーメンの導入など、様々な形で食の多様性にも対応されています。

さらにビュッフェコーナーでは、社員が自分でもカロリー管理できるよう食事選択スキルをあげるために栄養価を考慮した盛り付けサンプルをディスプレイするなど、単なる空腹を満たす場ではない工夫が随所に見られます。

また、コミュニケーションの場として開放感を演出するための天井の撤去や、混み具合が把握できる社内位置情報の活用、食堂スタッフと社員とのコミュニケーションを円滑にするための社内イントラでの人物紹介や食堂スタッフの制服選びまでこだわる徹底ぶりです。

 

常に進化し続ける社員食堂

ヤフーさんは新オフィスの移転に際し、「社内外との接点や交流を促す施設や制度を新たに導入し、多様性を支援する社内風土を醸成することで、オフィスをイノベーションを生み出す場所を目指しています。

伴い、「従業員の机を不規則に配置したフリーアドレス制」の導入や、社外の人でも利用できる「コワーキングスペース」の設置などにより、社内外の交流の活性化を図っています。

新しい社員食堂についてもそのコンセプトは取り入れられており、オフィス移転発表直後から「社内レストランPJ」を立ち上げ、2年4ヶ月後に移転するまで、業者の選定や食器の選定・メニュー作りなどに取り組み、社内外の交流やイノベーションを生み出す機能をもつ社員食堂を具現化されたとのことです。

現状に甘んじることなく、会社のミッションである「課題解決エンジン」を合言葉に「UPDATE」し続けているヤフーさんの社員食堂。機会があれば訪れて見てはいかがでしょうか。

 


  • 社食File.42 DIC株式会社