社食.com

あの海○雄山も唸るかもしれない、いまどきの社員食堂。

社員食堂訪問記

社食File.20(再) 株式会社バンダイナムコホールディングス

企業のミッションは、「商品やサービスを通じて『夢・遊び・感動』を提供すること」、ビジョンは「世界で最も期待されるエンターテインメント企業グループとなること」というバンダイナムコグループ。持株会社であるバンダイナムコホールディングスのもと、トイホビー事業、ネットワークエンターテインメント事業、映像音楽プロデュース事業という3つのビジネスを軸に、それらをサポートする関連事業会社で構成されています。
グループの2015年度の連結売上高は5,755億円。営業利益は496億円。リオオリンピックの閉会式でもグループ企業のパックマンが東京紹介の映像で登場するなど、世界の多くの人の記憶に残るゲームや映像を提供し続ける日本を代表するエンターテインメント企業グループです。

以前はバンダイナムコゲームス(現バンダイナムコエンターテインメント)さんの社員食堂としてご紹介しましたが、2016年にグループ5社が、東京都港区の新社屋へ移転。それに伴い、グループの持株会社である株式会社バンダイナムコホールディングスとしてあらためてご紹介させていただきます。

画像をクリックすると拡大します↓

新社屋への移転に伴い、新しい社員食堂ではグループ企業5社の利用となるため、さまざまな働き方にも合わせることができるよう配慮する必要が生じたといいます。そのため社員食堂内各所にテーマをもたせたさまざまなエリアを用意されたそうです。

たとえば、「和洋2タイプのVIP席」、「靴を脱いで利用する小上がり席」、「食堂でも仕事ができるよう各エリアに電源や無線LANを設置・完備」、「考え事などをしたい人向けの一人席」、「懇親会やパーティなどに使えるよう、レースカーテンを引くことでクローズドエリアになるスペース」などなど。さまざまなシチュエーションに合わせた使い方ができるよう工夫されています。

また全面ガラス張りのため、東京タワーやスカイツリーなど、都心の眺望が利用者のリラックスに一役買っていますし、天井も曲線を活かしゆったりとした空間を演出しています。

さらに食堂の利用時間も、朝食は8:00〜10:30、昼食は11:30〜14:00、cafeは8:00〜17:30、バータイムは17:30〜21:00とほぼ一日中利用できるなど、エンターテインメント企業ならではの、利用者目線を重視した機能満載の社員食堂でした。

 

初期費用0円で導入できる!導入企業数500社突破ぷち社食サービス「オフィスおかん」
  • 社食File.39 株式会社ファンケル
  • 社食File.40 ふじみ野市役所(埼玉県)