社食.com

あの海○雄山も唸るかもしれない、いまどきの社員食堂。

社員食堂訪問記

社食File.18 日本電気株式会社(NEC)

今回の訪問先は東京港区芝にある日本電気株式会社(以下NEC)。設立はなんと1899年(明治32年)というからオドロキ! ですね。
事業内容もICTを活用した社会インフラ構築が中心で、子会社の数は270社(2013年3月現在)。その売上規模は単独で年商1兆8千億以上、連結で年商3兆円以上、従業員数は単独で2万3千人以上、連結で10万人以上という日本を代表する企業のひとつです。
そんなNEC本社の社員食堂は「スクランブルカフェテリア」「ラインコーナー」「喫茶・ベーカリー」「麺・軽食コーナー」「和食堂」の5つに別れており、総座席数は1270、メニュー品目は108種類もあるそうです。
それではNECの社員食堂へ行ってみましょう!

NECの社員食堂は、グループ企業である株式会社NECライベックスさんと産業医との連携タッグを組んで運営されています。そこでは単にカロリーを抑えるだけでなく、栄養バランスに重点を置いて考えられているそうです。

その実現のために、30年も前から「ヘルシーメニュー」を導入。厚生労働省が推奨する「1日30品目」のうちの16品目以上を摂取できるように配慮しているため、社員も積極的にオーダーするようになり、1日あたり1600食以上という人気メニューとなっています。

その他にも揚げ物メニュー比率の減少、和食メニュー比率の増加などメニューのヘルシー化を推進しています。また、ファミリーデーや健康フェアを休日に開催し、ヘルシーランチの試食や社員の家族へも食を通じた健康意識向上に努めています。

「食」を通じて、社員の健康およびその意識向上にいち早く取り組んできたNECさんの社員食堂は、一朝一夕では実現できない健康配慮型社員食堂の見本とも言える社員食堂でした。

 

初期費用0円で導入できる!導入企業数500社突破ぷち社食サービス「オフィスおかん」
  • 社食File.17 株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント
  • 社食File.19 TOTO株式会社