社食.com

あの海○雄山も唸るかもしれない、いまどきの社員食堂。

社員食堂訪問記

社食File.16 株式会社ビットアイル

今回訪れたのは、データセンター事業の株式会社ビットアイル。「ハイコストパフォーマンスなインフラの提供で、多くのITサービス企業の発展をサポートしていきたい」という社長の想いが結実し、2013年7月には東証一部上場を果たした今注目の急成長企業です。
「データセンターって何?」という疑問はさておき、グループ社員のコミュニケーション向上のためにつくられた社員食堂には、「こんなものまで?」といえる施設が設置されています。秘密がいっぱいのビットアイル社の社員食堂をレポートします。

私たちが普段当たり前に利用しているネットショッピングやポータルサイト、ゲームといったWebサービスが常に快適に動作するためにサーバを管理しているのがデータセンター。いまや電力や水道同様、社会のインフラとして常時安定供給が求められています。

そんなサーバを管理するサービスを行なっているビットアイルさんは、2011年、震災後に本社・グループ企業を品川に移転と同時に社員食堂「ビットアイルグループラウンジ」をオープン。その理由はビットアイルグループの社員同士がコミュニケーションをとる場を提供するためとのこと。そのため社員食堂としてだけでなく、イベントや懇親会なども積極的に行なっているそうです。ダーツやビリヤードといった施設もその一環なのでしょうね。

毎年4月には「バーチャル花見」も。本物の桜を食堂に入れて、床面に段ボールとブルーシートを敷き詰めた中で「飲めや唄えの大騒ぎ」が行なわれるとか。

IT社会の基盤を支えている企業の社員食堂は、社員のコミュニケーションスペースとしての役割を、十分果たしているようでした。

 

  • 社食File.15 株式会社スクウェア・エニックス
  • 社食File.17 株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント