社食.com

あの海○雄山も唸るかもしれない、いまどきの社員食堂。

社員食堂とは

社員食堂は社食(しゃしょく)ともいわれ、企業が福利厚生として持つ食堂施設のこと。
値段は比較的安めだが、味は不評の場合が多い。これは「とにかく食事があればいい」ということから大量仕入れによる同一メニューの作成の結果、社員の嗜好を無視したケースが多かったためだと考えられる。

しかし、近年、食堂の意義を再考する企業が増えてきており、メニューの多様化、スペースの拡大化が目立ってきている。
メニューにおいては、健康志向の高まりを受け、低カロリーメニューを導入したり、量の調整ができるよう皿のサイズを分けたりできるようにした企業が増えている。味についても社員の意見を取り入れつつ改善を行なうスタイルで、社員の嗜好を満たすよう意識されつつある。
また、休憩時間を有効に活用するという意味においても、空間として食堂を利用するようになってきている。
ある企業においては、フロアが違えば同じ会社の社員同士でも会うことがないという事態を解消する役目を持つことができるとされ、食事以外の空間としての有用性を挙げている。

新卒学生や女性社員が、職場の魅力のひとつとして注目しているためか、概ねカフェスタイルが主流となっているようで、既存の社員食堂とは違う様相を呈してきている。