社食.com

あの海○雄山も唸るかもしれない、いまどきの社員食堂。

社員食堂訪問記 特別編

食べて応援! 社員食堂で地域に貢献 株式会社読売新聞大阪本社

読売新聞は、世界で最も読まれている新聞です。発行部数は朝刊が約901万部、夕刊が約275万部(いずれも日本ABC協会報告、2016年6月現在)にのぼります。東京、大阪、福岡の全国3か所に本社を置いており、それぞれ東京本社、大阪本社、西部本社と呼ばれています。
今回訪問したのは、この読売新聞グループの一つで、1952年発刊の読売新聞大阪本社。近畿、四国、中国の2府13県と三重県の一部を発行エリアとしています。
この世界で最も発行されている新聞をつくっている新聞社の社員食堂とは、どのようなところなのでしょうか? 今回は特別に見学させていただきましたので、皆様にご紹介します!

画像をクリックすると拡大します↓


女性社員の多い本社ビルの社員食堂


男性社員の多い東館の社員食堂

読売新聞大阪本社さんのビルは、本社ビルと東館に分かれており、それぞれに社員食堂とカフェがあります。女性社員の多い本社ビルではヘルシー志向のメニューが、男性社員が多い東館では揚げ物やボリュームの多いものが好まれているそうです。小鉢類は共通メニューですが、メインメニューはそれぞれの嗜好にあわせたラインナップを用意されています。

社員食堂の運営について伺うと、「『企業が従業員の健康に配慮することによって、経営面においても 大きな成果が期待できる』という健康経営の考えに沿ったメニューを出していきたいと思っています。健康診断が年に2回ありますので、そのタイミングでカロリーを抑えたメニューを提供したいですね。その時には、なるべく地元エリア産の野菜などを使うことで、地域に貢献ができればと考えています」(総務部/茨木部長)。

従業員だけでなく、地域にも配慮した社員食堂の運営を心がけている読売新聞大阪本社さんでした。