社食.com

あの海○雄山も唸るかもしれない、いまどきの社員食堂。

社員食堂訪問記 特別編

食べて応援! 社員食堂で地域に貢献 ホテルアバローム紀の国

ホテルアバローム紀の国は、和歌山市の中心部に位置する、創業45年の伝統のあるホテルです。チャペル、神殿、ガーデン、さらに13のパーティ会場を備えており、ウェディング、そして和歌山の食の文化の発信源となっています。そんなホテルアバローム紀の国さんの食へのこだわりのひとつが「地元の食材」を利用すること。
今回ご紹介する、社員用食堂でも積極的に地元の食材を取り入れ、従業員さんにも大好評だとか。そんなホテルアバローム紀の国さんの社員食堂での地産地消の取り組みを覗いてみましょう!

画像をクリックすると拡大します↓


ホテルスタッフの出水チームリーダー

食べて応援! 地産地消で地域に貢献
「ホテルアバローム紀の国」(和歌山県和歌山市)

「ホテルで提供するメニューはもちろん、社食で提供するメニューの食材に、地元の食材を使うことはより鮮度もよいものを使え美味しいメニューづくりにはかかせません」(出水チームリーダー)。

地元ならではの美味しい食材をレストランや社員食堂で利用することで、ホテル客や従業員も満足度が高くなり、そして地元の経済活動に貢献できるとの考えで、これからも地産地消メニューを積極的に取り組んでいくとのことでした。